ワーキングホリデー カナダ 実質費用0円!?『費用まとめ』

留学

 

ワーキングホリデー カナダ 実質費用0円!?『費用まとめ』

金がなくても留学できるの…..?

いくらぐらいあれば実際ワーホリってできるの…..?

英語環境で働きたい!…..とそのように考えてる方に是非見ていただきたいと思っています。

結論を先に言うと、お金がなくてもカナダ留学できます!

私自身もお金がないし、英語もできないから当時は留学できないと思っていました。

しかし、実際には1年半のカナダ(バンクーバー)でのワーホリを終え、お金を貯めることと英語力を上達させることができました。そのおかげで、今私はアメリカのテキサス大学に通うことができています。

こちらでは、私自身がどのようにお金がない状態からカナダ留学でお金を貯めていたかををまとめましたので、カナダでのワーホリを考えている方に是非、参考にしてもらえると嬉しいです。

カナダ ワーキングホリデー 実質0円!?

カナダでのワーホリ、お金がなくてもできます!

他の色々なサイトをみているとカナダのワーキングホリデーの初期費用は、50万円、100万円、とかなり高く設定されている印象です。

50万円、100万円となると準備するのすごく大変ですよね、、

ですが実際は15万円ほどあればカナダでのワーホリの初期費用としては問題ないと思います。

なぜ15万円ほどで大丈夫なのかを説明していきます。

1. 航空券は往復券を買わなくても問題ない

まだ帰国の日程が正確に決まっていないのであれば、往復の航空券を買わなくても入国できますので片道だけの航空券で問題ないです。そうすると安い航空券ですと片道5万円ほどですので費用を抑えることができます!

2. 滞在費は最初の1ヶ月分だけでも問題ない

他のサイトですと、最低でも滞在費6ヶ月分は持っていきましょうなどと書いてあるのですが、実際は現地に着いてすぐ仕事を探せば、何らかの仕事はすぐに見つかります。それにカナダでは2週間ごとに給料をいただけるので現地に着いて1週間ほどで仕事を探せれば問題ないと思います。

. 宿泊先はシェアハウスがおすすめ

なぜシェアハウスがおすすめかと言うと滞在費が1ヶ月5万円ほどと安いことです。これは食事が付いていないからで、ホームステイですと食事が付いていることが多いため、滞在費がどうしても高くなってしまいます。ワーホリで飲食店でバイトをすれば食事を無料でいただけることが多いので滞在先はシェアハウスがおすすめです。シェアハウスはこちらのサイトで探せます。Craiglist

以上3つが初期費用を抑えるコツです。

それではなぜ実質0円で留学できるのかを簡単に説明していきます。

*実質0円と言いましたが、実際は14万円ほど初期費用として私は準備しました。(航空券片道5万円、1ヶ月の滞在費3万円、ビザ申請費3万円、その他費用3万円)

ですが、大丈夫です。カナダの飲食店でバイトをすればすぐにプラスになるのです!こちらでは私自身が実際にカナダでのワーホリで働いたバイト、稼いだ給、どれくらい稼げるかを詳しく公開しています。『給料公開』カナダ ワーキングホリデー

1. 誰でも1ヶ月20万円以上稼ぐことができる

私自身、留学当初は英語も上手くできず、特に何のスキルもなかったので不安でした。ですがいざ仕事に応募すると色々なところから採用をいただくことができました。私は採用後(カナダ到着1週間後)、すぐに2つの飲食店で働き、2週間後の給料日には10万円ほど稼ぐことができました。

2. 1ヶ月の出費は10万円程度

出費の方は人それぞれですが、私の場合は5万円の滞在費と、バイトが休みの日はフランス人のハウスメイトと一緒に自炊していましたので食費が3万円ほどかかりました。バス、電車の定期券1万円、その他に2万円ほどを遊びに使っていましたので1ヶ月の出費は10万円ほどでした。

3. 給料ー出費=10万円 (1ヶ月)

給料20万円から10万円の出費を引いても1ヶ月10万円は貯金できますよね。私の場合は給料が1ヶ月平均で20万円ほどでしたが中にはもっと稼いでる方もいるのでこちらはあくまで参考です。1年半ほどワーホリをしていましたので最終的には100万円ほど貯金することができました

これで以上です。なぜ初期費用が少なかった私が実質0円で留学ができたかをまとめてみました。カナダのワーホリで貯めたお金と英語力で私は今、アメリカの大学に通っています。

留学は高く、英語もできないから無理と諦めることは誰にでもありますよね。

しかし、留学も種類は様々ありますので、こういった留学もあるのだ!と知っていただけるだけでも嬉しいです。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント