新型コロナウイルスにまつわる簡単英単語『6選』

英語

3密とは?3密を英語では?

ソーシャルディスタンスとは?

パンデミックとは?パンデミックを英語では?

コロナで需要が増えた言葉を英語で知りたい!

今回は新型コロナウイルスにまつわる英単語6つを、アメリカのプチニュースと共に紹介したいと思います。

・Mask / Face mask (マスク)

マスクにも言い方は様々あります。アメリカではそもそもマスクを着ける習慣がなかった為、私たちが普段着けるマスクのことをSurgical mask や Facial mask などと言うことが多かったです。しかしマスクの需要と共に短く表現するようになり今では単純にMask や Face mask と表現するようになりつつあります。

hand–made mask (手作りマスク)

disposable mask (使い捨てマスク)

・ Hand Sanitizer (消毒液)

アメリカではトランプ大統領が消毒液を注射で体内に入れ、ウイルスを殺菌できると発言しました。しかし、医療関係者からは激しい批判を受けることとなりました。実際アメリカでは15人が消毒液を飲み、そのうち4人が亡くなっているので気をつけたいですね。

hand wipes (除菌シート)

hand soap (ハンドソープ)

Quarantine (隔離)

2020年10月現在、米国へ入国はできます。しかし、日本から米国への渡航の際には到着後14日間の自己隔離(Self–quarantine)が必要ですので注意ください。

self–quarantine (自己隔離) *症状がない場合に行う自己隔離

self–isolation (自己隔離) *症状がある場合に行う自己隔離

・ Social–distance (社会的距離)

アメリカではsocial–distanceを約1.8m(6–feet–apart)としているの対して日本ではsocial–distanceの距離を2.0mとしています。しかし、現在ではWHO(世界保健機関)が『物理的(Physical)物理的距離をとる』というphysical–distancingという言葉を推奨しています。

・ Three Cs (3密)

3密=Crowded Places(混雑した場所)、Close–Contact Settings(人と密接に接する場面)、Closed Places(密閉された空間)のことです。アメリカではこれに加え計6つのCsを呼びかけています。追加のCsはこちら↓

Continuous Exposure (長期にわたる接触) 

Coverings (マスクの着用)

Cold Places (冷え込んだ場所)

Pandemic (世界を脅かすもの)

pandemicは世界を脅かすもののことで今では新型コロナウイルスのこと。2020年10月現在、アメリカの感染者数は上昇し続け、600万人を超えている。

Epidemic (一定の地域で流行する疫病)

Outbreak (突発的に発生すること)

そのほかの新型コロナにまつわる英単語

 Symptoms  症状  He showed some symptoms (彼に症状がでた)
 Vaccine  ワクチン  He invented the vaccine (彼はワクチンを開発した)
 Positive   陽性  He was tested negative (彼は陰性と判断された)
 Negative  陰性  He was tested positive (彼は陽性と判断された)
 Test   検査  He was tested (彼は検査を受けた)
 Hospitalized  入院する

 He is Hospitalized (彼は入院している)

これで新型コロナウイルにまつわる英単語の紹介を終わりたいと思います。みんなでウイルスに関する知識を少しでもこれからの社会のために身につけておきたいところですよね。

コメント