英語聞き取れない (リエゾンで上達)

英語

英語が聞き取れない…….

早すぎてわからない……

英語を勉強している方なら誰でもこういった悩みを抱えることってありますよね。

正直、こういった悩みを一気に解決するような魔法のようなものはありません。

しかし、リエゾンを理解し、英語を聞き続けると少しづつリスニング力が上がり、スピーキング力も上がりネイティブに限りなく近づくことでしょう。

英語聞き取れない理由、リエゾンとは?

リエゾンとはLiaisonと言いますが、簡単に言うと音声変化のことです。

リエゾンを理解している日本人の方がほとんどいないという事実が、日本人が英語を苦手とする大きな理由だと思います。

音声変化は3種類に分類され、これらは誰でも練習すれば身に付けることができるので、英語をさらに上達させたいという方はこちらの3種類のリエゾンを理解することをオススメします。

リエゾン (3種類)

1. Linking (連結)

2. Reduction (省略)

3. Flapping (Tの音声変化)

それでは一つ一つ簡単に説明していきます。

1. Linking (連結)

(代表例)give up, turn off, thank you, could you…….

Linkingとは2つの音が繋がることです。

Linkingについては2種類あります。

・子音+母音….

・子音+子音….

母音は(ア イ ウ エ オ)と発音するものです。

子音は母音以外の音すべてのことです。

・子音+母音

こういった子音+母音の音声変化が一番多く起こり、一番理解しやすいのでまずはこちらをマスターしていきましょう。

・Don’t give up until the end.

  ギヴァップのように発音されます。

・Can you turn up the light?

  ターナップのように発音されます。

・Can you turn off the light?

  ターノフのように発音されます。

・ My name is Mizuki.

  ネイミズのように発音されます。

・ I found out the key out of my bag.

  ファンダウト、アウトブのように発音されます

いかがでしたでしょうか?

初めはコツを掴むのに少し時間がかかると思いますが誰でも少しづつ慣れていくと思います

・子音+子音

一つ目の最後の単語が子音 (特にt,d,ch)、そして二つ目の単語の最初も子音(特にy)の時に起こりやすく、下記のような言い方をします。

Thank you so much.

  センキューのように発音します。

Could you come with me?

  クッジューのように発音します。

・I want to get your attention to Corona.

  ゲッチューのように発音します。

・Can I touch your face?

  タッチュアーのように発音します。

いかがでしたでしょうか?

こちらのLinkingは一番親しみがあって身につけやすいかもしれませんね。

2. Reduction (省略)

(代表例)sit down, look back, and, on…..

Reductionとは音が省略されて、発音されないことです。

Reductionについても2種類あるので簡単に紹介していきます。

・破裂音(T, D, K, G, B, P)+ 子音…..

・機能語(a, and, is, are など)…..

・破裂音+子音

一つ目の単語の最後が破裂音(D, T, G, K, P, B)で二つ目の単語の最初が子音の時に起こります。といっても例を見てみないとよくわかりませんよね。

・I will get back your money.

  ゲッバックのように発音されます。

・You always bring back my old memory.

  ブリンッバックのように発音されます。

・ This is a great laptop. 

  ラットップのように発音されます。

・Is he a great teacher Onizuka?

  グレーッティーチャーのように発音されます。

いかがでしたでしょうか?

もしかしたら気づいている方がいるかもしれませんが、Reductionは省略といっても完全に省略されるのではなく(ッ)という音を出します。

(ッ)は息を飲み込むようにするとうまく出せます。

・機能語

機能語とは…..

前置詞(to, and, for, fromなど)

冠詞(a, an, the)

代名詞(him, her, themなど)

…..などあまり重要ではない単語のことです

これらは実際の英会話スピードでは、短く発音されることが多いです。

それでは例を見ていきましょう。

・Are you ready for fighting against the Corona?

  レディフォのように発音されます。

・Do you know him

  ノーイムのように発音されます。

・This is a secret between you and me

  ユーアンッミーのように発音されます。

いかかでしたでしょうか?

これらのReductionはわかりにくいかもしれませんが、こういった単語は軽く、弱く発音するものだと認識しておけば問題ないです。

次で最後です!あと少し….

3. Flapping (Tの音声変化)

(代表例)water, better, pretty, party…..

Flappingとはアメリカ英語でよく起こる音声変化でTの音が(D)や(R)のように発音されることです。

Flappingが起こる時は…..

母音+T+母音 or ストレスのある母音+T

こちらの音声変化はおそらく日本人にとって一番難しいものですが、ネイティブの会話では頻繁に起こるので、少しずつ慣れていきましょう。

Can I get a glass of water

  ワァラのように発音されます。

Don’t you ever think about it

  アバウリィッのように発音されます。

Party makes the place crowded. 

  パーリィのように発音されます。

Not at all.  ←日本人のほとんどが発音できない

  ナラローのように発音されます。

お疲れ様です。これでリエゾンの紹介は以上です!

最後のFlappingについては、感覚を掴んでしまうことが習得への一番の近道だと思います。

これらのリエゾンを意識して、これからリスニング、スピーキングをすると英語の上達が早くなるのでぜひリエゾンをマスターしていきましょう。

ちなみに、こちらは私が英語耳を手にいれるために読んだ本です。

 

コメント